0コメント

「おんな城主 直虎」第1~2話を観た!(ブラックウッド)


0600045012732923371.jpg
 「花燃ゆ」は途中でリタイアしたんですが、ここ数年は「軍師官兵衛」「真田丸」と夫婦で視聴する習慣がすっかり定着。日曜日は大河ドラマに合わせて生活を決めるのが定番になってます。
 私はお茶碗などの洗い物をしながら奥さんを寛がせて大河鑑賞が定番のコース。

 子供のころ、1年間親しんできたキャラクターたちが一斉に交代することになる「ロボットアニメ」の切り替わり時期が非常に辛かった思い出があるんですけど、今は軽くその状態かもしれません。

 それなりに歴史ファンなのですが、井伊直虎(いい・なおとら)の事は正直ほとんど知らなかったのでこの機会に勉強させてもらうつもりで鑑賞中。

 予想以上に面白くていい感じです。
 なんと今回は子役だけで1か月(4回)引っ張るんだそうで。

 「花燃ゆ」は歴史的に殆ど記録のない「吉田松陰の妹」なんてのを持ってきたためにエピソードの引き伸ばしが大変で退屈だったのでリタイアしました。
 どうしても女性主人公となるとスケールが小さくなってしまうから子供時代が長いのかな?とも思いますがもう少し見守りましょう。

 「真田丸」は実際の戦国国取ゲームの画面を使って戦況を説明する荒業に出ましたが、あの手の解説はもっともっと遠慮なくじゃんじゃんやるべきだと思います。

 毎回毎回人物相関図やら家系図出してもいい。割とマジで。どうしても人の名前が似てるんだよどの時代劇でも。

 これからに期待。

この記事へのコメント