0コメント

映画「アイアムアヒーロー」を観た!(ブラックウッド)


0600045012732923366.jpg
 物凄く評判良かったのに結局劇場で観ることが叶わなかったのですが先日レンタルビデオにて。

 よく言われますが「よくこんなの日本映画で撮れたなあ」というほどよくできてます。
 日本映画って、しっとりした人情ドラマ(?)とかならともかく、大予算かかったアクション対策みたいな「エンターテインメント」ってことになると、下手すりゃ民族的に苦手なんじゃないかくらいの勢いで観てて辛いものばかりでした。

 子供の頃なんて好んで日本映画なんてみませんけど、中には「アクションすごい」みたいなのもあるのかもしれませんが、どうしたってハリウッド超大作とかと比較されちゃうんで分が悪いですよ。ええ。
 娯楽性だって段違いで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の隣で「恐怖のやっちゃん」とかやってても観ないでしょ?

 とにかくちゃんと日本語で喋ってて娯楽映画してるのに感動。しかも重要な役どころの有村架純が今時の可愛い制服の女子高生だったり、当たり前だけど細かい風俗が舶来品じゃないというね。

 それでいてカーチェイスとかショッピングモールの戦闘とか、なにより「超デブゾンビ」とかがどこか日本離れしてる…と思ったら韓国で撮影してたとのこと。
 韓国は国策として映画を作ってる国で、何と言っても自治体の協力体制とかも違うし、スタッフも無茶な撮影に慣れていてスムースだったんだとか。パンフレットで読みました。
 それでこんな迫力出るんなら大いにありだよなあ。

 ゴアシーンとかもあるし、ぶっちゃけ暴力描写はかなり遠慮ないのでまったく苦手な人には薦められないけど、面白い映画観たい人なら間違いないでしょ。
 控えめに言ってムチャクチャ面白い。

 ゾンビは走るタイプなので「ゾンビ」よりも「ドーン・オブ・ザ・デッド」より。原題はどっちも「ドーン~」なんでややこしいことになってるけど(笑。
 というか「走る」越えてえびぞりになって転がりまわりながらぴょんぴょん飛びついてくるくらいも普通にやるので更に進化してるかも。これはすごい。
 吹き替えかな?と思ったら女優さんのインタビューで「全身傷だらけだった」ってことなんで本当にやってたんだね。

 先日の紅白歌合戦で初司会だった有村架純だけど「あまちゃん」以降も活躍が目覚しくて「三太郎」CMには大体写ってるし、auの広告でもよく見るけどこの映画では更に童顔っぽくって可愛い。
 なんでかな?と思ったら撮影は2年前なんだとか。そう、ここまでブレイクするよりちょっと前なんですね。
 なので「リアルにもっと若い頃」の有村架純の可愛らしさが存分に鑑賞できるというタイムカプセルみたいな映画です(えー

 今も連載が続いてるんでこの先だともっと活躍するんでしょうけど、この映画ではそこまで活躍できてないので唯一リクエストするとしたらそこくらいかなあ。有村架純が老けちゃうんで大急ぎで続編撮ってください(爆。

この記事へのコメント