0コメント

アニメ映画「ズートピア」を観た!(ブラックウッド)


0600045012732923365.jpg
 面白いからとにかく観ろ!としか。

 確かにアニメだし、人の言葉を放す動物のアニメ映画ってなると大人は観ないのかも。ディズニーピクサーだからそんなことないのかな。

 あちこちで言及されまくっていますが、とにかく色んな映画からの引用がすごくてびっくり。私が気づいたのは「ゴッドファーザー」くらいだけど、大筋は「48時間」なんですね。他にも沢山。あっちのZAZが作ってるみたいなパロディ映画って平気で流行ってるテレビ番組とかもネタにするから日本人にはわかりづらいのよ。
 ちなみにその風潮は漫画・アニメの「ブラックラグーン」でセリフで再現されてます。「オプラ・ウィンフリー・ショウじゃねえんだ!」みたいな。日本で言うと「みのもんたの思いっきりTVじゃねえんだ!」みたいな感じかなぁ。日本人の読者にはわからんて。

 動物だからこそ「差別問題」が正面から描けるってのはまるで現代のイソップですな。確かにこれは「肉食動物」と「草食動物」だから描けるけど、「○○人種」とかだったら完全にアウトでしょ。

 とにかくよく出来ててスキがない。
 レンタルブルーレイだったおかげでメイキングもかなり観られたけど、製作に何年も掛かってて、しかも途中で大幅に路線転換までしてるんだとか。
 アフリカにロケハンとかは驚かないけど、大人が本気になって何年もかけてブラッシュアップし続ける体制ってのはすごいなあ…っていうかそんなんで会社が成り立つってのは商売うまいんでしょうね。日本じゃ映像作品なんてどれも自転車操業で作ってるから。

 間違いなくオススメ。主題歌もよかった。

この記事へのコメント