0コメント

映画「ボーダーライン」感想(黒家カイミ)

ボーダーライン.jpg

【ボーダーライン】
2015年 アメリカ /監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  出演:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ  BD販売元:ハピネット



話題作「メッセージ」を観に行く前に、同じ監督の作品をチェックしたくなりレンタルで借りてきました。

こういうアメリカの犯罪ものって、その国に関しての予備知識がちょっとあった方がより作品を楽しめますね。FBIやアメリカの警察組織などの事を軽く理解しておくと良いと思いました。

アメリカとメキシコ国境の町フアレス。暴力、麻薬、死が日常と隣合わせに存在する無法地帯で繰り広げられる最前線での攻防を"極限の臨場感"で描き出すサスペンスアクション『ボーダーライン』。

FBIの女性捜査官ケイト(エミリー・ブラント)と彼女のチームは、冒頭のシーンで誘拐事件の容疑者宅の壁の中から誘拐被害者の死体を発見。誘拐事件の主犯とされるのは麻薬カルテルの親玉という事で、国防総省のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)率いるチームに加わり捜査に参加する事になる。

エル・パソに移動したケイトは、マットのパートナーで所属不明のコロンビア人、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に会う。ポスターにもなってる3人がそろってからはメキシコに移動するのだけど、一体どんな流れの捜査をしてるのかケイトになかなか教えてくれず、真実をつかもうとするも・・・。

謎が明かされていく展開にもハラハラドキドキします。

少しだけ違和感があったのは、最初はケイトの視点からずーっと話が進むのに、途中でアレハンドロの視点に変わるんですよね。お話の展開上、仕方ないのですが・・・。なのでその部分は少しだけ戸惑いました。アレハンドロのシーンが終わった後、ケイトとアレハンドロの2人が画面に出るシーンがあるのでそこで私はやっと落ち着いて観ることができました。

アメリカに詳しくない私は、この作品はBRで観て良かったです。分かりにくい所はチャプターで再確認しました。

原題はSICARIOと言うそうで、スペイン語で「殺し屋」という意味だそうです。

原題の意味を知ってた方が、最後の展開が読めてしまいそうな感じ・・・?

邦題の「ボーダーライン」とはメキシコとアメリカの国境のことや、善悪の境目のことや、極限状態のこともイメージしてつけられてるのかもしれませんね。

宣伝文句ではアクション多めな娯楽作品かと思ってたのですが、私の印象はアメリカが抱える闇に焦点をあてた人間ドラマという感じでした。なかなか渋くてコクのある作品でした。


↓ベニチオ・デル・トロがカッコ良かったです。15分ほどで描きました・・・。難しいな〜、もっと絵の練習します。

ベニチオ・デル・トロ ほぼ日.JPG

【Amazon.co.jp限定】ボーダーライン スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン(オリジナルクリアステッカー付き) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ボーダーライン スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン(オリジナルクリアステッカー付き) [Blu-ray]

*********

最新作「メッセージ」を観た人の感想も、私がボーダーラインを観た感想と似ているような感じがしました。
巷の評判では、アクションが多いSF娯楽作!というよりは宇宙人とのファーストコンタクトをじっくり描いているとか・・・。それはそれで面白そうではないですか!!
好みの別れる作品であることは、評判をみると・・・そうかもしれないです。
私は多分、好きですけどね・・・。

↓「メッセージ」の原作
あなたの人生の物語
あなたの人生の物語



***************







この記事へのコメント