0コメント

「おんな城主 直虎」第20~22話を観た!(黒家カイミ) 追記スケッチあり

おんな城主 直虎.JPG

おんな城主 直虎 第20~22話の感想です。

最近大河ドラマ観ててブラックウッド(主人)が「こんな大河みたこと無い」と言ってます。

所どころに少女漫画要素が盛り込まれているといいますか・・・(私たちは好意的に面白く観てます)。

以下、ストーリーの内容にふれてますので、ご自身の判断で読んでください。


第20話「第3の女」では直親の娘が登場して、明らかに動揺しまっくている直虎様。

だってそれがホントなら、直虎が尼さんになってる時にこさえた子供だから・・・。

ノベライズ等の文章では感じとりにくいけど、大河ドラマの映像としてみると、

あわてふためいている殿(直虎様)がとっても可愛く思えてしまうのが困ったところ(やれやれ・・・)。

同時にとても親近感がわいて、やっぱり「頼りない直虎様がほっとけない(目が離せない)ドラマ」だと確信。

で、愛しの直親との回想シーンで「キラリーン☆」といちいち効果音が入る。

これラブコメのアニメで入るような音では!?

大河でコレは、なんか新しいーー!

一方的に嫌われていた、しの様(直親の奥さん)とは同じ裏切りを受け、共通の悲しみを通じて和解。

残された女どうしが和解して協力しあえる関係になったことが直親の功績(置き土産?)かも?


第21話「ぬしの名は」・・・これ、狙ってますよね??

『「君の名は。」だね・・・』と夫婦でちょっと笑いました。

21話の内容とも合ってるし(実際名前を聞く)、大河ドラマなのにトレンドを押さえた遊び心が面白いです。


浜名湖に面する「気賀(きが)」という商人が領地を治める町に方久と訪れた直虎様。

人相の悪い男達に捕われてしまうけど、これが龍雲党一味との出会いだったんですよね。

「頭」と呼ばれる男はのちに名前がわかる龍雲丸。

柳楽優弥さんが演じていて、主人が「かっこいい」と言ってました。

男女ともに納得の「悪いけど魅力的な男」を演じてます。

直虎様も前回の話で直親との美しい思い出が無くなってしまった所にタイプの違う「悪いけど魅力的な男」が再登場するという・・・。

女性って以前好きになった人と、全然違うタイプの人を好きになるっていいますし・・・って。

え!?まさか!!



この飽きのこないストーリー展開・・(この記事では少女漫画っぽいという点を追ってるので、他にも良い場面あるのですがここでは割愛)。


第22話「虎と龍」

龍雲党一味を山中での仕事を与えた直虎様。

困り顔で見守る政次だが、殿が飼いならせるというなら仕方が無い。

ここでも政次は本心を見せない演技です。


しかし、いずれにしても殿はジイ様から若者まで様々な種類のイイ男に囲まれ「逆ハーレム状態」ですね・・・。


山仕事を手伝うことになった直虎様。

龍雲丸に丸太の切り方を教えてもらい、後ろから一緒にノコギリを引いてもらいます。

イケメンの体温と匂いにフラフラになる殿(画面にオイ!とツッコミいれる私たち夫婦)。

直虎様は愛しの直親に後ろから抱きつかれたことを思い出してドキドキ♡


このドキドキシーンがけっこう長く感じたのは、意図的でしょう。

これなら若い女性も別の目線(ラブコメ?)で楽しめるかも?


↓服が込み入った作りなので、20分ほどかかりました。
ちょっと寸詰まりになって背が短い感じになっちゃったかな。また次回にトライしてみます。
IMG_1853.JPG

↓2017.06.05追記。ブラックウッドが紙の切れ端に落書きしてました。
IMG_1860.JPG


おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 ニィトラ
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 ニィトラ

*************







この記事へのコメント