0コメント

映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」感想(黒家カイミ)

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿.jpg

【エルミタージュ美術館 美を守る宮殿】

2014年 イギリス  /監督:マージー・キンモンス  出演:リザ・レンネ、ニーナ・タラソワ、アレクセイ・ルポーク、イリーナ・アルテミエワ 他 


この映画はロシアのエルミタージュ美術館の創設250年にあわせて作られたものです(日本では今年2017年に公開)。
監督はドキュメンタリー映画に定評のあるイギリスの女性監督マージー・キンモンス。

エルミタージュを舞台にした映画といえば、「フランコフォニア ルーブルの記憶(2015年)」のアレクサンドル・ソクーロフ監督による「エルミタージュ幻想(2002年)」が良く知られています。エルミタージュを舞台にロマノフ王朝300年の歴史を幻視するといった、ソクーロフ監督らしい芸術的な視点から描いた作品でした。

エルミタージュ幻想 [DVD]



それに対して「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」は、美術館の歴史と所蔵作品を紹介しつつ美術館関係者にインタビューしていくという直接的な手法をとっています。小さな男の子が美術館内を散策するようなシーンも時折入り、実録したというだけでなく物語のような風味も加わり、素敵な仕上がりになってると思います。

登場する人々は、美術館の館長ミハイル・ピオトロフスキーはじめ、著名な彫刻家アントニー・ゴームリー、世界一の建築家とも言われるレム・コールハース、美術館の各専門の学芸員たち、またレニングラード包囲戦を生き延びた生存者や「戦場のメリークリスマス」の俳優トム・コンティによる声の出演などもあります。


映画に登場する美術品がはっきりと写っているものだけで36点ほどあります。
(以下パンフレットより抜粋)

== 登場する美術品の一部 ==

ティツアーノ「エジプトへの逃避」
ラファエロ「聖ゲオルギウスと竜」「アルバの聖母」
レンブラント「放蕩息子の帰還」「ダナエ」「聖家族」「十字架降下」
ジョルジョーネ「ユーディット」
スナイデルス「鳥のコンサート」
ルーベンス「修道士の頭部」
ベラスケス「教皇インノケンティウス10世」
ミケランジェロ「うずくまる少年」
カラヴァッジョ「リュートを弾く若者」
レオナルド・ダ・ヴィンチ「リッタの聖母」「ブノワの聖母」
カンディンスキー「コンボジションⅣ」
ゴーギャン「タヒチの牧歌」
ゴッホ「わらぶきの小屋」
マティス「ダンス」「音楽」「赤い部屋(赤のハーモニー)」
ピカソ「頭蓋骨のあるコンポジション」「オルタ・デ・エブロの工場」
ドガ「コンコルド広場」
ルノワール「庭にて」
ドーミエ「重荷」
モネ「ルーアンのセーヌ川」

========
・・・文字を打ってるだけで幸せな気分になってきた♪


これらの美術品が、くっきりとしたクリアな映像で見れます。

これは美術ファンには嬉しい。

美術館に行くと絵の前には立ち入らないでくださいっていう線が引いてあって近くまで寄れないこともあるし、人が多いと後ろから押されてじっくりと観れないこともある。

映画だとスクリーンの大画面で細部まで見れてありがたいです。





私はエルミタージュ美術館に行ったことが無いですが、世界3大美術館といえば


メトロポリタン美術館(アメリカ)

ルーブル美術館(フランス)

エルミタージュ美術館(ロシア)


とWikipediaには載ってました。


私は美術に関して順番をつけるのに慣れてないので何ともいえないのですが・・・。

「巨大さ」という意味では大英博物館(イギリス)が入ってきたり、「素晴らしい」という点ではプラド美術館(スペイン)が入ってくると思うし、3大というくくりにすると人によっては喧嘩になるかも(笑)。

単に、所蔵点数では○○とか、歴史では○○とかいうくくりが分かりやすいですね。



エルミタージュ美術館は巨大でもあるのだけど「素晴らしい」という点でもポテンシャルが高い(観に行ったこともないくせに、この田舎者めと自分にツッコミを入れときます)と雑誌やらネットやら口コミやらで見て聞いております。

エカテリーナ2世が収集したコレクションが美術館の始まりなんですけど、この女性が各芸術家の作品の中でも超一級品ばかりを収集してたようです。

「大エルミタージュ美術館展」が6月18日まで東京で開催されてるので、興味がある人は映画も美術館も楽しんでみてはいかかでしょう。
大エルミタージュ美術館展HP(森アーツセンターギャラリー) → http://hermitage2017.jp


↓コラージュしたり、ペン入れしたりで1時間ほど遊んで描きました。一応、エカテリーナ2世です。現在は、美術館の所蔵作品数310万点ほどあるそうですよ!全部見るのには1点を1分で見て、1日8時間見続けても17年以上はかかるといわれている膨大なコレクションは圧巻。
映画エルミタージュ美術館ほぼ日.JPG

***************

この記事へのコメント