0コメント

「おんな城主 直虎」第23話を観た!(黒家カイミ)

おんな城主直虎23話ほぼ日.JPG

今回も冒頭から面白かったなー。

飲み過ぎて二日酔いの直虎様は、昨日の記憶が全くなかった。

家臣に聞くと、龍雲丸に「家来になれ、われのものになれ!」「どこかに隠し子はおらぬか」と執拗にからんでいたという(やれやれ・・・)。

前回の最後からの続きですけど、毎回上手く面白い感じにつなぎますね〜。

さらなる厄介ごとが舞い込みます。政次が近藤を連れて現れ、近藤の菩提樹から本尊が盗まれたという!!


なんとか龍雲丸達は逃げ、安堵する直虎。


南渓和尚から本尊の代わりを寄贈したらどうかという提案があり、近藤の所へ行くことに。

(実は昨晩、和尚の所に龍雲丸が現れ、盗んでいない事がわかり、2人で打ち合わせをしてたのだ!)


近藤のご本尊を見ると、おかしな事に本尊は元の位置にある。

これは龍雲丸が機転をきかせしたこと(近藤達が隠していた本尊を元の位置に戻したのだ!)。

いやー、頼りになる男性陣だなぁ。



龍雲丸に奉公することを考えて欲しいと直虎は言って、承諾してくれそうだとわかった時の嬉しそうな顔!

喜びすぎ!もう笑いました〜。殿カワイすぎ。

けっこう家臣の人達も嬉しそう?

政次はやれやれ困ったことだ・・・という表情だけど、妹に伝言頼んで龍雲丸に「逃げろ」と伝えたらしく、またまた何考えてるのやらわからない態度・・・。

殿には頑なに「龍雲丸を引き渡したら、殿が大騒ぎするのが面倒だったので。」という徹底したツンデレぶり。

ツンデレなのか、優しいのか、ホントに見たままやなヤツなのか、わからない演技。

主人は史実を知ってるので「このシナリオ書いてる人は、辛抱強いよね〜」と言ってました。

ドラマだけで追ってる人に全部言うと悪いのでドラマ全部見た後にこの言ってることわかると思います。



何はともあれ、殿の少女漫画的な行動にドキドキしたところ。

★龍雲丸に上目遣い&涙目。
★家来になってくれって言う手前、言うのためらってるから龍雲丸に告るのかと思った…。
★家来になるらしいよ〜ってこと聞いたら喜び舞い上がって、はしゃぎながらの着物選び。完全に、明日はデートという勢いでしたな…。

笑って、ドキドキして、癒される大河ドラマ。

もちろんストーリーも面白いよ!


後半がいろいろと大変になってくるだろうから、今は楽しくはじけましょう♪直虎様♪



では、今週も家事に仕事に頑張りましょう!




↓23話を見ておもいついた4コマです〜。直虎様の煩悩は、なかなか滅しそうにもないようで・・・?







↓第24話感想はこちらから。
http://thethingx.com/article/451001098.html

この記事へのコメント