0コメント

映画「ファイト・クラブ」感想(黒家カイミ)

ファイトクラブ.jpg

【ファイト・クラブ】
1999年 アメリカ /監督:デヴィッド・フィンチャー  出演:エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム・カーター


そういえば、こんな有名な映画も観てなかったなという程に人気のある映画「ファイトクラブ」。

私と同じ年代の男子はほぼ全員観てるといっても過言ではないカルト映画です。

週末土曜日に観ようと思ってレンタル借りてきたら、ブラックウッドに見つかり平日夜に観ることになってしまった・・・。

男性にはそういった麻薬のような映画(?)のようです。



当時はバイオレンスものなのかな〜と敬遠してたんですよね。

それに「セブン」の監督だし、また後味の悪い映画なんじゃ・・・って、観ずに生きてきました。



そういったバイオレンス描写も多いんだけど、バイオレンスなだけにとどまらず、資本主義なんて○○くらえ!といってる青臭い感じや、物やお金に囲まれてるだけが幸せなの?と疑問を持ったり、あるいは様々な悩みを抱えて自分を見失っていた男性たちが、互いに拳を交えることで見失っていた自己を取り戻す「ファイトクラブ」にハマっていく。彼らは自己を取り戻すだけでなく、怪しげな新興宗教のようなノリになっていって犯罪を犯してしまう・・・。

自己を取り戻したようで、ファイトクラブという組織にとらわれてしまう(依存してしまう)ところは一緒で、最後に自己を取り戻せた(のか??)のは主人公一人だけ・・・?そこらへんは投げっぱなしで終わっています。


女性の間で、物を少なくして暮らそうっていう「ミニマリスト」が流行ってますが。

これは暴力的なミニマリスト思想(笑)。


最後にとても変な感想なんだけど・・・。

バイオレンスなだけでなく、これはある意味「男の青春映画」っぽい印象も持ってしまったのは私だけかな・・・。

秘密基地で男だけで集まって好きなことする、これがドラえもんだったら青春もので、オジサン達だったら青春ものじゃないのか・・・。登場人物達はオジサン達だけどある意味ピュアで子供で。

ラストシーン観た時と秘密基地っぽい感じのシーン思い出すと「青春だな〜」と変な感想しか浮かばないのは、

これが最高に変な映画のせいだ!!


そのピュアで超暴力的なミニマリスト集団を、ピュアでない監督が「こいつらバカだよね〜」と引いた感じで撮ってる感じ?


面白かったです!ネタバレせずに観てくださいね〜!!



ファイトクラブほぼ日.jpg


ファイト・クラブ [Blu-ray]
ファイト・クラブ [Blu-ray]

ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)
ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)



この記事へのコメント