0コメント

映画「スターゲイト」を観た!(ブラックウッド)

STARGATE.jpg

【スターゲイト】
1994年 アメリカ / 監督:ローランド・エメリッヒ  
出演:カート・ラッセル(ジャック・オニール大佐)、ジェームズ・スペイダー(ダニエル・ジャクソン博士)



 さてここで問題!

 映画「スターゲイト」はとある「史上初」物件があります。それは何でしょう?

 それは…史上初の「映画専用のホームページ」を持った映画…だったってことでした。


 今では新作映画がその映画オンリーの専用ホームページを持つなんて当たり前すぎて特に何とも思われないでしょう。
 いや、むしろ「無い」となったら「どうしてなのか?」と逆に憶測が流れるレベルです。

 今ではこの映画の「続編」として(ストーリーが完全に続きになっている)展開したドラマ版「スターゲイト」の方が有名になってしまいました。


スターゲイト SG-1 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
スターゲイト SG-1 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]


 何十光年も離れた場所とリアルタイム無線通信が出来るくらいのゆるいSF考証の娯楽SF映画です。

 子供の頃、母方の祖父祖母のいる都会に泊まりこみ旅行するのが日課ならぬ「年課」になっていたのですが、その時には必ず「面白そうな映画」を観せてもらうのがお約束でした。

 何しろ地方には「映画館」もないし、中高生のお小遣いでは映画館に映画になんて行ったりしたらそれだけでその月の分は無くなっちゃいますからね。

 その時に何故か殆(ほとん)ど一人っきりの寂しい映画館で観たのがいい思い出。


 正直、この頃にはもうかなりのことが出来る様になっていた「CG」技術を敢えて拒否して、群衆にリアルな人間を使ったり、アナログな「特撮」にこだわりましたよ…という点以外はそれほど目新しいところはありません。

 ラスたちもしっかりやるし、アイデアを駆使したラストバトルの立ち回りも大いに盛り上がります。

 ただ、個人的にこの映画を偏愛しているのは一重にその「デザインセンス」です。

 セト神

セト神.jpeg

やアヌビス神

アヌビス神.jpg

をモチーフにしたロボットやら、空中浮遊するピラミッドやら、エジプト造形の戦闘機やら子供心に余りにも格好よくてしびれました。

 まあ、厳密な科学考証なんかとは無縁の映画だし、SF考証としても行き当たりばったりというところ。

 ただ、それでも黄金のハリウッド娯楽作の遺伝子を受け継ぐ「面白い映画」です。後味のいい爽やかなラストは、常に金欠にあえいでいた当時の私に、何に使うんだか分からないステッカーとかノートとかの「謎グッズ」を買いこませるほどには感動を与えた物です。

 他の最新の映画をなぎ倒し、押しのけてでも見る価値があるかと畳み込まれると困りますが…いい映画ですよ。

 何より、傑作テレビシリーズ「スターゲイト」を観るにはここからスタートですからね!

 ということでオススメ。



**********


以下、黒家カイミ追記。
いい意味で軽く観れる作品で、けっこう楽しめました!
細かいツッコミをしないのはお約束の上で楽しむ映画ですよ〜。

私が映画の終盤を観てるとブラックウッドが帰ってきて、特典映像のメイキングを一緒に観てたのですけど、やはりデザインセンスがいいですね!

ブラックウッド曰く「監督エメリッヒだったんだ・・・にしてはとても面白い」と言ってました(爆)。

↓20分ほどスケッチ。アヌビス神とセト神はじめ、フィギュアにしたらカッコよさげなデザインが沢山でてきました!
スターゲイトほぼ日.jpg


↓フィギュアあったけど、品切れ中でした〜。
Stargate Anubis Collector Figurine by Applause by Applause [並行輸入品]
Stargate Anubis Collector Figurine by Applause by Applause [並行輸入品]


この記事へのコメント