0コメント

映画「96時間」感想(黒家カイミ)

96時間.jpg

【96時間】1時間33分
原題:TAKEN
2008年 フランス
監  督:ピエール・モレル
脚  本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
製  作:リュック・ベッソン
製作総指揮:ディディエ・オアロ
音  楽:ナサニエル・メカリー
撮  影:ミシェル・アブラモヴィッチ
編  集:フレデリック・トラヴァル

出演:
リーアム・ニーソン(主人公:ブライラン・ミルズ)
マギー・グレイス(主人公の娘:キム)
ファムケ・ヤンセン(主人公が離婚した元妻:レノーア)
ザンダー・バークレー(レノーアの裕福な再婚相手:スチュアート)


96時間 [Blu-ray]96時間 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-12-19
売り上げランキング : 13754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◇◆ 夫にオススメされて観た映画シリーズ ◇◆ 
〜 アクション映画編 〜

ブラックウッドおすすめの映画ということで観ました。

リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープが製作した映画です。

フランス版「24」みたいな印象でした。

主人公の娘の名前もキムだし・・・誘拐されちゃうし。

ストーリーはシンプルでアメリカ・カリファルニア州に住む主人公が、フランス旅行に行った先で誘拐されてしまった娘を救出する話です。で、主人公は元CIAなんで、その道のプロ。あらゆる手を使って(主に武力・・・。)誘拐犯まで近づいていきます。

よくアクション映画を観てると、「迷ってないで悪者ボッコボコにしたらいーのに!」って思うことあります。

・・・この映画は、「何もそこまで」と観客が笑ってツッコミする位に躊躇なくやってしまう映画です。


ツッコミ所は多いです。

例えば、娘が誘拐されたホテルに乗り込む時、壁からよじ登って侵入・・・。
主人公はけっこう大柄な人なので、高級ホテルの従業員から通報されそうなのにそれも無く・・・。
元妻の再婚相手の富豪に頼めば、不法侵入しなくて良かったのに・・・。富豪の彼はプライベートジェットだせる位の金持ちなんですよ!

これはほんの一例で、沢山あるのだけど・・・それを無視しても面白い!

もう痛快!!ストレス解消。娯楽万歳って感じで気持ち良いです。

映画は面白いのが一番!

・・・と力技で納得させられる・・・。


わかりやすい設定で、難しい設定など皆無・・・誰とでも楽しめてとっつきやすい♪
派手なカーチェイスとアクションが楽しめる娯楽作品でした。
時間もあまり長くなく、気持ちよく観れました。


↓鉛筆と筆ペンで描きました。誘拐されそうな娘との電話の会話を手際よく録音し、捜査の手がかりにするという抜け目のなさ・・・。録音した声を手がかりに敵に近づいていく様が手慣れていて格好良かったです。

96時間ほぼ日.JPG


こんな躊躇なくボコボコにする映画、日本でも作って欲しいなぁ〜。(キムタク主演とかでどうでしょう?普段はダメな父親が、娘を取り返すために犯人を撃ちまくる・・・。)



この記事へのコメント