0コメント

「おんな城主 直虎」第40話を観た!(黒家カイミ)

おんな城主 直虎40回家康と直虎.jpg


(⦿_⦿)※40回まではネタバレてます!

第40回 天正の草履番

内容:
松下虎松(菅田将暉)は家康(阿部サダヲ)から「万千代」という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられ、「井伊万千代」となった。
直虎(柴咲コウ)は近藤(橋本じゅん)から「所領の安堵を願うつもりでは?」と詰め寄られる。
万千代は、万福(井之脇海)とともに慣れない草履番の仕事に悪戦苦闘していた。そんななか、直虎は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康は直虎を呼び、本心を明かす。
やがて万千代と万福はひと月以上を費やし究極ともいえる草履番の技を完成させていた。その様子をみていた家康は、笑って側近に言った。「あれはもう、日の本一ではないかの」小姓への道が開けたかと思われたが、万千代たちは、新たな条件を突きつけられてしまう。


感想:
家康と直虎のおしゃべりは、いつまででも見ていたいです・・・。
ちょっと、ほのぼの。
(早虎、本虎、録虎、と3回観ました・・・)

阿部サダヲさん家康と、柴咲コウさん直虎、どちらも好きなので嬉しいな。

歴史ファンの主人は「ちょっと家康らしくなってきた」と言ってました〜。
どのあたりかは具体的なことは言ってなかったけれど、直虎との会話の端々に「らしさ」が出てきてるのだろうな〜。そのあたりの細かい所は、まだ大河ドラマ3年目の私には読み取れなかったです。。。





あと、万千代役の菅田将暉さんは「帝一の國」の映画で主役の帝一を演じており、「あらゆる手をつかって出世してく様」が何とな〜く、万千代にも帝一にもあるので(鬼のような形相、般若顔をする所も似ている)私の中でリンクしてしまって↓「万千代の國(?)」描いてしまいました・・・。





イラストにも描いた、神業のような草履番の技のところ!!
こんなに大河ドラマで笑ったのは初めてかもしれません(o´艸`)

私のように歴史詳しくない人でもついていけるよう「遊び」を随所に入れて、毎度飽きないように工夫してくださり、有り難いことです。



来週のサブタイトル・・・
第41回「この玄関の片隅で」


言わずと知れた・・・

この世界の片隅に [DVD]

ですよね〜。
もう隠す気もなくなってる所がイイ!(´^ω^`)です。

それでは、来週を楽しみにしつつ、家事に仕事に頑張りたいと思います。

朝晩冷えます。
風邪引かないよう、お気をつけください♪
ヾ(⌒▽⌒)ゞ


↓私は小説は未読ですが、4巻(完結)が出ているので貼っておきますね。
おんな城主 直虎 四

↓完結編まで出してくれると、今から数年後にDVD等で後追い視聴する人に優しいのです(公式HP公開は、1年限定ですものね・・・)。
以前「新選組!」を後追い視聴し、古本で大河ドラマストーリーを購入すると、「前半」「後半」までしか無く・・・。当時は「完結編」が出ておらず、寂しい思いをしました。
現在の大河ドラマは数年後の後追いでも大丈夫♪

おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた







この記事へのコメント